形あるものはいずれ朽ちていくのだから、想いを伝えていこう

こんばんは

 

岐阜市にて真なる魂からの声をお届けしています

ヒカリノトビラの真珠です

20日から夏休みが始まって

毎日母親業がんばっています(^_^;)

 

さて、そんな夏休みに

岐阜市の図書館メディアコスモスで

今、信長ギャラリーっていうのをやっているんですが、

本を返すついでにちょっと寄ってみたんです

 

そのときにシアター上映の中で

信長がこんな趣旨のことを言ったんですね

「岐阜の町は、私が死んでからたくさん変わった。けれど私がのこしたおもてなしの心は息づいている」

正確には忘れてしまったんですが、

要は、外観というか景観は変化したけれど

自分が残した楽市楽座等の【おもてなし】の精神が今の岐阜にある

というようなことでしたね

無料でしたが、なかなかのクオリティでしたのでぜひ足を運んでみてください

 

それを聞いてふと感じたのですが

物質というか形あるものって、いつか朽ちるんですよね

あと、人もそうで、変化していくのが当たり前というか

変化していく過程で、最終的には言いも悪いも、この世からなくなっていく

なくなっていくというか、形としてはなくなる

 

今、自分の周りにあるものに執着しだすと苦しくなる

だって変わっていくことが当たり前だから

変わらないでいてくれという方が不自然で

 

だから、ふとみた田舎の素敵な風景とか

あぁ、この風景が100年後まで残るためには

私はなにができるんだろう?

とか

時々思っていたんですけれど

 

そうじゃなくて

その中の【想い】を感じ取って

伝えていくというか

バトンをつないでいく

というか

 

そういうことの方が実は大切なのかな・・・と。

 

だから、伝統的な〇○が失われたりとか

〇○が絶滅危機だとか

そういうことをもちろん守っていくこととか

継承していくことも大事なんですが

 

一人一人の人間の力って

そんなには大きくはないから

無理に絶滅を阻止しようなんて大黄な事をする前に

一人の個としての自分は

その中から自分の感じたことを大切にして生きていけば

それは後世に必ず伝わって

その【想い】って、必ず形になっていっているんじゃないかな

 

そういう意味では、一人一人の人間の想いって

すごく重要で、強い

そういう【想い】が共鳴し合って

大きな渦を創る

 

そんなことを感じた信長ギャラリーでした★

こんな夏休み中にもお客様からご予約が入って感謝しています(#^.^#)

今後ともよろしくお願いいたします

 

愛をこめて

真珠

 

The following two tabs change content below.
真珠
岐阜市で4歳の息子と夫と3人暮らし。天使が宿る家ヒーリングスペース【ヒカリノトビラ】を運営中。 フェイスブックはこちら→https://www.facebook.com/kumiko.ichikawa.961 フォロー大歓迎★ お友達リクエストは直接お会いした方でおねがいします(#^.^#) プライベートなブログはhttp://ameblo.jp/shinsei-222こちらです