息子の傷×私の傷×緩しのワーク

お久しぶりです

岐阜市にて真なる魂からの声をお届けしています

ヒカリノトビラの真珠です。

 

5月中旬に息子が指を怪我してから

幼稚園休んだり、通院したり・・・で

なんだか私のリズムが狂い、なかなかブログを書く余裕がありませんでした。

 

今日は私事です。

 

今回、息子さんが指を怪我して

たくさんの私自身の心の闇の部分が出てきました

まだ、全部取り切れたわけではないのですが、

言葉にできる部分だけは、書いておこうと思います

 

指を怪我して、久しぶりに病院に連れて行きました

そこで、私自身の母親としての監督不行き届きの部分を

かなり医師に咎められました

 

そのときですよ。

私の心の蓋がパタンと閉じたのが

肌で感じました。

 

こんな感覚は久しぶりでした

そういえば、昔は、ずっとこうやって

自分が傷つかないように心に蓋をして生きていました。

パタンと音を立てて、扉がしまったとき

ふと、思い出したんです

 

あぁ、そういえば

わたし、看護師していたとき

こんなふうに、医師に、看護師として未熟な私を

咎められたことが何度もあったな、と。

そして、そういえば、それは、封印してきた過去でもあったなと。

 

から、始まってセルフセッション開始。

 

結局、看護師を最終的にやめた引き金って

毎回毎回、自分を理解してくれようともしなかった

医師たちの態度や言葉だったようにも思えました。

 

そこで、

「私は私を理解しようともしない人にたいしてすごく敏感に反応して、防御をとる」ということをしていたのだなと

気づきました

 

はて、この行動や思考はいったいいつ生まれたのだろうと

それから、ずっと自分を見つめ

ヒーリングを繰り返していました

 

息子の怪我から、2週間ほどたったある日

実家に久しぶりに帰りました(といっても、車で20分)

そこで、

もちろん、息子の怪我の話になるわけですが

実母に

「8時に出発して、通院なんて、何が大変なの?。働いていたら、それよりもっと早い時間にでていくのよ」

と言われたのをきっかけに

また、私の心のトビラがパタンと閉じたのを感じました。

 

実妹は、1歳の娘を保育園に預け、働いています

実母も、私が5か月の時から、復職して、小学校の先生として定年まで

勤めました

 

その二人を前に

・基本的には専業主婦しかも、同居なので家事の負担は半分

・仕事はしているが、息子優先で、自営業。時間などは

自分のしたいようにどんなふうでも変更可能

 

という状態の私。

 

「あ、この人たちに、私は理解してもらえない」

とさっきと同じ思考が働きました。

 

うーん、確かに、働いている人からみると

8時に出発なんて遅いかもしれないなぁ

でも

そういうことじゃないんだよなー

イレギュラーなことが起きて

しかも、子供が怪我していてっていう状態の

8時出発なんだよなー

・・・・。

確かに仕事は自分の裁量でどうにでもなるから

出来る限りキャンセルをお願いして

最低限の仕事で乗り切ったこの3週間を

この人たちには理解できないよなー。

 

そんなことを考えていたら

3月頭から痛い、右肩の痛みがどんどん痛くなってきて

鍼に・・・

鍼をしてもらっている間

セルフセッションしていたら

こんな声が・・・

「子供がほしいよー。妹が先に二人目を妊娠したら、お母さん、私のこと、ますます、褒めてくれないよー。子供一人で、同居で、なんちゃって自営業で、何が大変なの?!ってまた、言うよー(>_<)」

って泣いている自分でした。

 

妹は母と同じ道を歩み

私は、母のようになりたくなくて

別の道を歩むことを決めました

けれど、どこかに、

「別の道を歩んだ私はお母さんから褒めてもらえない」って

思っていたのだなと気づきました

 

そのとき、私のハイヤーセルフ君がこういったんです

「くみちゃんさー、息子君を妊娠したとき、息子くん、おなかの中で命が危険なときあったやろ?」

「うん、そうやった。」

「でも、健康で生まれてきてくれたやん?」

「うん」

「そもそもさ、くみちゃん、妊娠できる身体じゃなかったやんか」

「あーそうでした、そうでした、あれは奇跡でしたね」

「うん、そう、奇跡だったよね。もしさ、本当は息子くんはくみちゃんの息子として生まれてくるはずじゃなかった、って言ったらどうする?」

「・・・・。」

「それにさ、お母さんは、くみちゃんのこと理解できないの当たり前だよ。あの人ずっと働いていたし、しかも他人の状態を汲んで理解するとか、基本、してこなかったでしょ?」

「そうです、そうです。それで何度やりやったか・・・」

「だからさー、ちっしょうがねーなー。っていうくらいの体でいいからさ、ゆるしてあげるってできん?」

 

というやりとりのあと

「ちっしょうがねーなー」くらいの体で

母を許すというワークをやってみました。

それは、子供の私が許すというより

大人になった常識ある私が許すという感じで。

これはなかなか効果がありました。

それをやるまで、この3週間、ずっと感情があふれて

うっかり涙がでること何十回もあるくらい不安定要素満載だったのが

スッと楽になりました。

右肩もだいぶ緩みました

 

 

翌日、個人セッションで

インナーチャイルドのワークのあとに

ご自身の両親を「ちっしょうがねーなー」くらいの体で

許すというワークをとりいれたらばっちりでした(笑)

 

実際に心から許すことができれば

それが最高かもしれないけれど

「ちっしょうがーねーなー」くらいの体で許す→緩す

というワーク、これ、かなり効果あります。

そして、

なにか自分につらいことがおきたとき

パタンと心のトビラを閉めてしまった自分を

まずは許してあげてください

それは、貴方を守るために

貴方の心が扉を自ら閉めてくれただけだから。

The following two tabs change content below.
真珠
岐阜市で4歳の息子と夫と3人暮らし。天使が宿る家ヒーリングスペース【ヒカリノトビラ】を運営中。 フェイスブックはこちら→https://www.facebook.com/kumiko.ichikawa.961 フォロー大歓迎★ お友達リクエストは直接お会いした方でおねがいします(#^.^#) プライベートなブログはhttp://ameblo.jp/shinsei-222こちらです