自分に正直にしか生きられなくなった

自分に正直にしか

 

生きられなくなった

 

本当に。

 

少しでも歪みやひずみがでると

すぐに心身の不調につながる

 

私はただ、自分のいのちに正直に

まっすぐでいたい

 

それが、傍からみて、

不器用だとなじられようか

 

自分のいのちを大切に尊びたい

誰一人かけてもなかったこの命を

尊びたいのだ

 

だから、生き方は不器用だとおもう

 

今回、値下げを慣行し、

さらに、イベントでも、なるべく価格を抑えて提供させていただいくことにした

 

昨年までは

いわゆる

存在価値=自分の給料の値段

のように感じていた

だから、お客様が増えて、月収が上がれば

自分の存在価値が上がっているように

思い込んでいた

 

でも違った

 

私はなんのためにこの仕事をしているのか

 

自分が好きでやってきて

なんならお金などいただかなくても

本当はやりたいくらい

やりたい仕事なのだ

 

そこに手を差し伸べることができるなら

私は迷わず手を差し出す

 

この手はいつも

自分を幸せにするために

そして、

弱くて未熟なくせに

誰かの力になりたいと言っている

 

私はおろかなほどにまっすぐだ

 

もう

 

戻れないのだ

 

元いた場所に

 

自分をごまかし生きていたあの頃に

あの場所に

 

 

みな一人一人役割がある

役割がちがうだけだ

だから誰とも比べる必要などなかったのだ

 

農業が得意な人

家事が得意なひと

接客が得意なひと

モノづくりが得意なひと

・・・・

 

ただひたすらに自分の与えられた場所で

与えられた役割を

まっとうしていくだけ

 

それがもしなんなのかわからなくても

わからなくなる日がきても

わからなくなる日があっても

自分の半径1メートル以内を

心地よく

 

ただ心地よいものにしていこう

 

悩み苦しむ日も

手放せない何かがあっても

それも全部受け止めて

受け入れて

そんな自分を慈しみ愛でる

 

そんな人間になっていきたい

 

The following two tabs change content below.
真珠
岐阜市で4歳の息子と夫と3人暮らし。天使が宿る家ヒーリングスペース【ヒカリノトビラ】を運営中。 フェイスブックはこちら→https://www.facebook.com/kumiko.ichikawa.961 フォロー大歓迎★ お友達リクエストは直接お会いした方でおねがいします(#^.^#) プライベートなブログはhttp://ameblo.jp/shinsei-222こちらです