保育参加で見えてきたもの

【保育参加してきました】

昨日、保育参加でした(#^.^#)
初めてのことでドキドキ。
息子さんは相変わらず、甘えん坊で
幼稚園にってもべったりだったので
普段の状態はわからず・・・苦笑でしたが
色々な収穫がありました
幼稚園では、保育参観ではなく、
母親や父親も先生となって
参加する形をとっています。
そこで、なにかしらの手仕事をしながら
子どもたちとかかわっていくのですが
手仕事を何にしようかなぁと考えていたところ
こびとのすみかのなちさんに相談したところ
「くさりあみがいいよ。子供たちに話しかけられても、気が散ってもやり直せるから」
とのアドバイスをいただき、かぎ針で鎖アミをすることにしました

前日、準備をしているときに
ふと
「くさりあみだけじゃ、さみしいなぁ。なんかできないかな?」と
思いました

そこで、くさりあみだけで、できる簡単な花のモチーフがあることを知り、
一応練習(笑)

当日は、子供たちをみながら
こんな感じのものを作りました(#^.^#)

dsc_0459.jpg

くさりあみをつないで、ただ、ボタンをつけただけ(笑)

すると・・・意外なことが起きました

一緒に参加されている初めてお会いしたママさんから
「お子さんは二人目ですか?」
と聞かれました

「いえ、私、子供は一人であの子だけです。どうしてですか?」
と確認すると

「子どもの扱い方がとても上手ですね」
と言われました

\(◎o◎)/!びっくり(笑)

あーこれは、こびとのすみかさんで働いたり、はぴやなでかかわらせてもらったことが
自然とできてきたのかなと感じました
本当の私は、子供、大の苦手ですから

すると
また別のママさんから
「編み物上手ですね。普段からやられているんですか?」

\(◎o◎)/!まさか!(笑)

フフフ。

これも、同じなんですね。
子どもたちというのは
難しくて固有名詞がついたものよりも
なんとなく、なんとなくだけど「花」のように見えたら
それだけで喜んでくれるということを私は
はぴやなやこびとのすみかさんで働いている間に
いつの間にか身についていたんだなと感じました。

そういうね、柔軟性というかね

あるもので

何かにみせる技術というか発想というかね

そういうのがね、身についていたんだなっていうすごい気づきでした(#^.^#)
はぴやな今月は
9月10日土曜日10時~17時です

ジュラシックアーケードと同時開催です。
柳ケ瀬商店街 旧長崎屋前広場にて開催予定です★

The following two tabs change content below.
真珠
岐阜市で4歳の息子と夫と3人暮らし。天使が宿る家ヒーリングスペース【ヒカリノトビラ】を運営中。 フェイスブックはこちら→https://www.facebook.com/kumiko.ichikawa.961 フォロー大歓迎★ お友達リクエストは直接お会いした方でおねがいします(#^.^#) プライベートなブログはhttp://ameblo.jp/shinsei-222こちらです